通学・通信講座利用のすすめ

ここまで、通関士試験の難易度についてさまざまな角度から検証してきましたが、約8.5%という平均合格率からも明らかなように、通関士試験は非常に難しい試験だと結論づけることができます。

通関士試験を難易度の高いものにしている要因はいくつかありますが、おおまかに整理すると、以下の4つにまとめることができるでしょう。

  • スペシャリスト系の資格であるため、高度な知識が求められる。
  • 制度改定に伴い、暗記より理解が求められる試験に変わった。
  • 実務科目があるため、理論だけでなく実践の力も求められる。
  • 複数の出題形式に合わせた対策が必要である。

これらの課題を乗り越えないことには、通関士試験の合格は見えてきません。
しかし、知識を深め、実践力を養い、複数の出題形式対策をするには相当の時間を要するのもまた事実です。これらを、すべて独力でこなそうと思ったら、おそらく数年はかかることでしょう。
であれば、独りであれこれもがくのではなく、プロの力を借りて最短距離で「合格」というゴールを目指したいものです。

プロの力を借りる、すなわち、通学・通信講座を受講することの最大のメリットは、効率的に学習が行える点にあります。
元々、通学・通信講座のカリキュラムやテキストというのは、試験範囲のすべてを網羅するようには作られていません。受験のプロならではの研究と分析に基づいて、頻出可能性の高い内容に絞って、それらは作られています。だからこそ、合格できるだけの力を短期間の学習で養うことができるのです。

最初に挙げた4つのポイントに立ち返って考えてみたいと思います。

  • スペシャリスト系の資格であるため、高度な知識が求められる。
  • 制度改定に伴い、暗記より理解が求められる試験に変わった。

通学・通信講座なら、ただテキストを読むだけの独学と違って講義があるので、たとえば聞き慣れない専門用語の理解もスムーズに行えます。

  • 実務科目があるため、理論だけでなく実践の力も求められる。
  • 複数の出題形式に合わせた対策が必要である。

通学・通信講座なら、インプット学習とアウトプット学習のバランスの取れたカリキュラムが組まれているので、実践力が身につきますし、複数の出題形式対策も万全です。

難易度の高い通関士試験だからこそ、通学・通信講座を受講して効率的に学習を行い、一発合格を目指しましょう!

>>通関士に合格するために必要なことが分かる無料教材がもらえます