通関士試験の合格率

ここまで、試験科目や出題形式などの観点から、通関士試験の難易度について見てきましたが、資格試験の難易度を測る物差しとして、「合格率」を無視するわけにはいきません。
そこでこのページでは、合格率の観点から、通関士試験の難易度を検証したいと思います。

まずは、ここ10年間の通関士試験の合格率の推移をご紹介します。

  受験者数(人) 合格者数(人) 合格率(%)
2003年 10001 1211 12.1
2004年 10191 1920 18.8
2005年 9953 2466 24.8
2006年 10357 725 7.0
2007年 10695 820 7.7
2008年 10390 1847 17.8
2009年 10367 807 7.8
2010年 9490 929 9.8
2011年 9131 901 9.9
2012年 8972 769 8.6
2013年 8734 1021 11.7
2014年 7692 1013 13.2
2015年 7578 764 10.1

このデータからまずわかるのは、2006年を境にして、合格率に大きな変化があるということです。
2005年までの3年間の平均合格率は18.6%。一方、2006年から7年間の平均合格率は9.8%ですので、およそ倍近い開きがあります。

通関士試験というのは、1967年に第1回試験が実施された、とても歴史のある資格試験です。そして、第1回の1967年から2005年までの約40回の試験のなかで、合格率が10%を下回ったことは1回もありません。逆に、合格率が20%を超えたことは10回以上もあります。

それが、2006年に入ると一転。合格率が10%を超えたのは2008年の1回のみ。しかも、他の年度の合格率に照らすなら、2008年の合格率はあくまでもイレギュラーなものと考えるべきでしょう。2013年、2014年は10%を超えていますが、やはり2006年以降は一貫して合格率は10%くらいを維持しているわけです。

「『通関士試験は以前より難しくなった』って本当?」のページで、出題形式の変化に伴い、通関士試験の難易度が上がったことを説明しましたが、そのことは、上に示した合格率にも、結果としてきちんと表われていることがおわかりいただけるかと思います。

「合格率が10%未満の試験」。
これだけでも、通関士試験の難易度の高さに思わず腰が引けてしまいそうになりますが、しかしこの数字は、実は「真の合格率」とは言えません。

というのも、通関士試験には「科目免除制度」というものがあって、上記の合格率は、科目免除という優遇措置を受けた受験生も含めた合格率だからです。

「科目免除制度」というのは、一定の実務経験を持つ人を対象に、1科目ないし2科目の受験が免除される制度のことです。
当然、科目免除者の方が合格率は高くなるわけですから、そうした科目免除者を除いた、全科目受験者だけの合格率というのは、上記の合格率よりももっと低い数字となります。

>>通関士に合格するために必要なことが分かる無料教材がもらえます