通関士の年収は「500万~1200万」と幅広い!

通関士資格を取得して、いずれはそれに関連する仕事に従事したいと考える方は多いと思いますが、皆さんは通関士の年収がどの程度であるか、ご存じでしょうか? おそらく、ぼんやりとしたイメージで「通関士資格を活かせば、今よりも少しは年収が上がるのでは」と淡い期待を抱いている方もいらっしゃるでしょう。 本ページでは、通関士の年収の本当のところをご紹介したいと思います。

【通関士の年収は「一般的な会社員の年収+α」が目安に】

さて、通関士の場合、“資格を活かして働く”と言っても、基本的な立場としてはあくまで「会社員」です。よって、年収を考える上でもまずベースとなるのが「一般的な会社員の年収」。

すでに勤続している会社で通関士資格が活かせるのであれば現在の年収、もしも転職するのであれば年齢相応よりも若干下がった年収が基準です。

通関士資格を活かした仕事に携わる場合には、“+α”として「資格手当」の支給が見込めます。具体的な額は会社によりますが、概ね5,000円~15,000円のラインが相場のようです。もっとも、現場での地位や会社規模に応じて、この“+α”の部分は大きく変化します。

【勤務時間は所属する会社による】

ところで、通関士に限らずどんな職業においても、年収を考える上では、必ず労働時間をセットにして検討するのが得策です。どんなに高年収であっても、その分過重労働になるのでは割に合わない部分があります。反面、ごく平均的な労働時間で「一般的な会社員の年収+α」が保証されるのであれば、通関士の年収に対する評価はぐんと高まるのではないでしょうか。

結論から言えば、勤務時間についてはどうしても業務量に依る部分が大きいため、「会社の業務状況次第」というのが実際のところです。

業界全体としてはそこまで時間外労働を強いられる世界ではありませんが、やはり通関業者によっては激務になるところもあるようです。これから通関士資格を取得し、仕事に活かそうという方であれば、年収同様、勤務時間にもしっかり注目するのが得策。お金と時間のバランスを適切に見極めましょう!

>>通関士に合格するために必要なことが分かる無料教材がもらえます