理想は試験対策を楽しめること!そのための工夫は「教材選び」にあり

本サイトを訪れた皆さんの中には、「かつて通関士試験対策に挑戦したことがあるが、挫折した経験あり」という方もいらっしゃるかもしれません。

通関士試験といえば、「通関業法」に「関税法」、「関税定率法その他関税に関する法律及び外国為替及び外国貿易法」、「通関書類の作成要領その他通関手続の実務」・・・などなど、言葉を見ただけでも難しそうな科目の数々をマスターしなければなりません。ある程度の実務経験者であれば具体的なイメージを持ちながら対策を進めることが可能なのでしょうが、かたや全くの初学者がこれらを習得しようとするのは、それはそれは大変なこと。

本試験までいかにしてモチベーションを高く持ち続けられるか、この点こそが通関士試験最大の課題であると言えましょう。

【続かないのは、ズバリ「楽しくないから」】

資格取得は、言ってしまえば「自分自身のため」にするものであり、他の誰かに強制されて取り組むものではありません。

「今よりももっとレベルアップしたい」「知識を高めたい」、こうした気持ちさえあればおのずと試験勉強に向かえるはずなのですが、現実はそう上手くいきません。 当初はどんなに意欲があっても、人間、基本的には怠惰な方へと流れやすい生き物ですから、どうしても“楽”をしたくなります。

日々忙しい中で、“やらなければならないこと”に追われていると、やはり“わざわざやらなくても良いこと”は後回しにしがちです。この“やらなくても良いこと”の代名詞が、資格学習だったりします。

ですが、もしも通関士試験対策がさほど苦労なくこなせるものだとしたら、どうでしょうか?

むしろ楽しめるものだったら、多少時間を融通してでも「やりたい!」となるのではないでしょうか?本来、“新しい知識を習得すること”や“自分自身のために努力すること”は楽しいことであり、強制された仕事等の類よりも意欲が湧くもの。やればやるだけ確実に自分のためになる、しかも楽しいとなれば、やりますよね。

ではなぜ続かないのか、その答えはズバリ「楽しくないから」です。 自分のためであることは分かっている、できるなら取り組んだ方が良いのも承知、でも「やりたくない」の気持ちが勝ってしまうのは、試験対策が辛いものであるからです。

冒頭で挙げたとおり、通関士試験に出題される科目は専門性が高く、初学者が容易に理解できるものではありません。最初こそ楽しくても、徐々に「覚えられない」「問題が解けない」となれば、徐々にテキストを開くことさえ苦痛になってしまうでしょう。

【通関士試験対策を軌道に乗せるには、「楽しめる教材」を用意すること】

それでは、通関士試験対策を長く、着実に進めていくためにはどうすれば良いのでしょうか。

その答えは至ってシンプルで、「勉強を楽しめるよう工夫すること」です。具体的には、勉強が辛く感じられないような、楽しいテキストやメディア教材を用意すること。 お気に入りの雑誌やマンガに目を通すがごとく、楽しみながら勉強に取り組める教材があればベストです。

「そんなこと言っても、試験対策である以上、“楽しむ”なんて不可能なんじゃないの」
そんな風に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実はあるんです。楽しめる資格対策を提供してくれる通信教育。
↓ ↓ ↓
http://www.foresight.jp/gyosei/合格者の声/034/

>>通関士に合格するために必要なことが分かる無料教材がもらえます